Earth Design Project

ひとりひとりから始まる あらたな ヒト/HITO の ものかたり
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

最終的に守るべきものは


 感染症医の高山義浩さんの投稿記事『イベントにおける感染対策 その特性に応じた考え方』に 次のような箇所がありました。


感染対策のゴールを明確にすることが大切です。防ぐことを目標としながら、防げるだけの対策をしていなければ、それはむしろ危険です。現実的な目標をかかげ、それゆえにリスクを直視すべきです。

たとえば、沖縄県では観光を再開しますが、ウイルスを持ち込ませないことは目標となりません。持ち込まれることはあっても、地域で広げないための対策を取ることになります。観光の従業員は感染することはあるかもしれませんが、地元の人には広げないということが重要です。とくに、沖縄の高齢者を守っていくことを最終防衛ラインとしています。


 これは、社会の仕組み・ありよう[≒経済<経世済民]についても 参考になる考え方だと思います。
 最終的に守るべきは それぞれの人がそれぞれの命をまっとうすること、でしょうか。その前提として忘れてはならないのは、ヒトは体をもった生き物であり、それぞれのペースがあり、(ヒト以外のものも含めて)他者と感応しあい 作用しあっている、ということ。その場所から “社会の仕組み”という「対策」を考えていく必要があります。

 それは、今回の新型ウイルスが私たちの社会に突きつけているものと 様々なところで交錯しているように思えます。それはまた、中村哲さんがアフガニスタンでの水路建設について語った「これは平和運動ではない。医療の延長なんですよ。医療の延長ということは、どれだけの人間が助かるかということ。で、その中で、結果としてですよ、結果として確かにされわれの作業地域、60万人前後の地域では “争い事が少ない” “治安がいい” “麻薬が少ない”ということが言えるわけで。これが平和へのひとつの道であるという主張は、私、したことは少ないと思います。」[*こちらの記事にも引用しています]という言葉にも 繋がってきます。

 どんなに素晴らしい言葉・概念であっても 言葉・概念によって固定した状態を目的にした途端に、ヒトのいとなみもまた その状態に固定されてしまい、その目的に向かいやがてはそれを
通り越して動き続ける“生命の流れ・営み”が重要であり 本質であるのに、生命(という動き)から分離した言葉が力を持ち 生を支配してしまいます。わたしたちは、平和を目指しているのではなく 戦争のない状態を目指しているのではなく、「一人一人が自分の命をまっとうする」という“動き”に生きることを望んでいるのだと思います。そういうありようにおいては 戦争はないでしょうし、平和と呼びたくなるような状態になるのでしょうが、それは 人々の生き様の交じり合う様を ある面から捉えた言葉に過ぎないのです。

 固定されたものではなく、そこに流れているもの いまここに流れているもの。「カタ」ではなく 自分とつらなる「動き」や「流れ」を感受し そこから物事を捉え考えること。ものごとを「対応関係」や「置き換え」で捉えるのではなく、それぞれが作用しあい 関わり合っている という「つながり」や「つたわり」から捉えること。命を考えるということ 生きるということは そういうことなのだと思います。だからこそ、考えるツールとして非常に有効な言葉を“流れる生きたもの”にしておくためにも ヒトは声の響きを保持した(全)体で言葉を発する必要があります。


(全)体へかえることができる、ギリギリのところ







<この図は、こちらのページからお借りました>




ナショナル・ジオグラフィックのサイトに
“世界「人の影響が及んでいない土地」マップ、科学者が公開”
という記事が昨日アップされていました。


新型コロナなど未知のウイルスが人間社会を脅かす主たる要因の一つとして
ヒトが開発などのために
野生生物の領域へ侵入していくことが挙げらています。


都市など人間社会の多くは、
自然との媒介である体から遊離した脳が
体の外につくりだした物や人工システムで構築され埋め尽くされた脳世界であり、
その中で
生き物としての生命(力)は
消耗され続けています。


生き物としてのヒトには
(全)体としてのヒトには
ヒトが関与しない生き物たちの領域や自然が
必要不可欠です。


ヒトは
自らがつくったシステムによって
(特に経済システムによって)
世界中の自然を収奪し続けていて、
それは
それと地続き的に
結果的に
ヒト自らの存在に対しても行なっているのです。


冒頭の記事を見て、
「テンセグリティ構造では
その構造の半分が破壊されても
残った半分は元の形を維持できる」
ということを思い出しました。


この記事は陸だけについてだけで
地球表面の7割を占める海については語られていません。


いま
私たちは
生き物としての構造・あり方を維持できる
ギリギリのところにいる
ような気がします。




生き=意気=粋の社会へ

 この間 湯船に浸かっていたとき、「かつての日本列島は 芭蕉の時代の深川みたいな雰囲気だったのかもしれない」という考えが、ぽっかり 浮かんできました。お風呂に入る直前に目の端に入ってきた自然災害に関するテレビ番組と 先日読み終えたばかりの本の記述が、わたしの中で相互作用を起こしたようです。

 芭蕉が俳諧師として立ってから住んだ場所として最も長かった深川六間堀の芭蕉庵は、私が生れて八歳まで育った家から三百メートルくらいのところにありました。(略)

 「名月や門[かど]にさし來る潮[しほ]がしら」と、深川で最も怖ろしいものだった海の潮に面して暮らしていたわけですが、このあたりは芭蕉が江戸に下る二年前の寛文十年にも、六間堀の草庵に入った延宝八年冬のその年の夏にも、また芭蕉が客死した関西への旅立ちの直後にも、大水や津波に襲われており、特に移住の年の八月六日には、深川、本所で死者千人余りを出す津波があったことが記録されていますから、まさに人間の命を瞬時にして奪う“荒ぶる自然”に身をさらして生きることを自分に課したといえます。(略)

 このような形で自然と直面する生活の中からは、文化の約束に厚く包まれた都(宮処)を中心とする“雅び(宮び)”な自然の詠嘆は生れにくいでしょう。私は『枕草子』の「宮び」の典型のような機智に溢れた、しかし自然に対して人間が根本的に“安心しきった”自然の把握が好きではありません。(略)

 芭蕉から三百年近くあとに、芭蕉庵のあった土地に生れて育った者として思うのですが、この辺りは幼な心にもいかにも殺風景で、貧相で、およそ優雅とか高貴とか偉大といったものとは縁のない、それでいて人気[じんき]のさばさばしたところでした。人と人のつくるしがらみのわずらわしさが、この草と潮の匂いのする新開地では、なくはないまでも希薄だったのだと思います。誰もが同じ風来坊の集りで、大名の下屋敷はありましたが、神田や日本橋のような大店[おおだな]もなく、みな似たりよったりで、同じ町内に住んでいても職種が違うのでその面での干渉や拘束がありません。火事や水害に頻繁に見舞われる中で、同じ土地に住む者同士の一蓮托生の思いが、互いのわけへだてのない人なつこさをつくりだしてもいると思います。京洛の“雅な自然”とは正反対の、“荒ぶる自然”にさらされた日常。その裸の痩我慢、空威張りから、この辰巳の一郭のふっきれた意気=粋のエートスも生まれえたのだと思います。

<『人間にとっての 音↔︎ことば↔︎文化』P60.-P.66>

 巨大なユーラシア大陸から剥がれた東の縁を骨格にしてできあがった日本列島には、アフリカから東へ東へと進んできた風来坊…未知なる冒険に惹かれる心に突き動かされてきたものや、かつていた場所から追い出されたり 住みにくくなって移動してきたものたちがいたことでしょう…が、似たり寄ったりのお互い様で、揺れる大地や火を吹く山や押し寄せる波の“荒ぶる自然”にさらされながら 生き=意気=粋抜くなかで生まれてきたコトバが、(未知なるものに自らを明け渡す)「さようなら」であったり「すみません」であったりするんじゃないかと思えたのです。



 昨年末に神奈川県立歴史博物館で催されたかながわの遺跡展「縄文と弥生ー時代と文化の転機を生きた人々ー」では、縄文後期・晩期の世界的な気候の寒冷化による植生変化に 柔軟に適応してきた祖先の姿が紹介されていました。そのなかで興味を惹かれたのが、人々はそれまでのような大きな集落をつくらず日常的には少人数のグループとして分散し 祭祀などの特別の機会に多人数が一堂に会してその集団のまとまりや自覚を維持しながら 一つの居住地に固執することなく半ば非定住的な暮らしを送っていた、という点です。

 地球温暖化が急速に進んでいる(ように見受けられる)現在、ヒトが環境に及ぼす影響を自覚して その対策を取ることは言を待ちませんが、仮に ヒトが環境に与える影響がゼロにできたしても 縄文時代のような(人為を超えた)地球あるいは宇宙規模の気候変動は避けられないわけで、地球的な気候変動に対する備えや社会づくりは 常に求められています。

 縄文海進のときの海岸線を一つの基準に 土地利用を再考したり、人口増加とともに埋め立て拡大してきた海岸線の土地を海に返していくような計画を立てて ひとつひとつ実現していくこと、あるいは ヒトがどの程度まで自然の営みに手を加えるのかというような棲み分けをしていくこと、などなどに加えて、災害からの避難ということも想定した 一種の新・非定住 あるいは多住的なライフスタイル[*すでに実践している人や ビジネスが登場していますが] そしてそれに即した住まいのあり方や税制などの社会制度 というものを考えてみる時期にきているのではないかと思うのです。

 いま、災害対策に留まらずあらゆる面で、これまでの「社会にヒトが合わせる」あり方ではなく、「ヒトに合わせた社会」「生物としてのヒトを主にした社会」をつくっていくことが求められています。(歴史的な経緯は違うかもしれませんが)ヒトが暮らしやすい社会をつくるために 様々な仕事があり それらをコーディネイトするものとして「経済」があり その一つの道具として貨幣がある、と捉えるなら、現状は主客が逆転して お金を回すためにお金を使いましょう という言説がはびこっています。それは多分 現行のシステムが適切ではないから。ヒトがその可能性をひらき安心して命を全うできる社会のために どういう経済の仕組みが必要なのか。小手先ではなく 根本的[=ラディカル]なところにまで立ち返って考え 新たなるものをつくりだしていかなくてはならないでしょう。

ヒトのプロセス

 先日NHKで放送された生物学者・福岡伸一さんの「最後の授業」を観たのをきっかけに 福岡さんの著書を検索したところ、『動的平衡』の続編が出ていることを知りました。早速その2冊を入手し 『動的平衡2』を読み始めたのですが、「なぜ食べ続けなければならないか」という章の中で 食物として摂り入れたタンパク質が「消化酵素によって一旦アミノ酸に分解され 全身に運ばれたのちにそこで再び合成されてタンパク質となって体の一部になる」くだりを読んだ時、私の脳裏には それとよく似たものとして浮かんだものがありました。

 「ことば」と「認知/認識・思考」、です。 

 もし機械の部品を交換するように、口から摂取した新しいタンパク質をそのまま体内の古いタンパク質と置き換えられるなら、そのほうが効率が良いようにも思える。しかし、食物のタンパク質は、人の身体を作るタンパク質と同じではない。食物タンパク質には、もとの生物の情報が含まれている。そのため、摂取したタンパク質をまず一つ一つのアミノ酸にまで分解し、再合成する必要がある。

 それは、文章を解体して、アルファベットにバラしてから、もう一度、自分の文体に書き直すことに似ている。ゆえにタンパク質の分解と合成の流れは止まらない。しかも、あらゆる細胞で、どのタンパク質が分解され、どんなタンパク質が再合成されなければならないかは、生命体の置かれた時間と環境の中で、刻一刻、変化しつづける。


<P.84>


つくる







土 つ く り



体 つ く り


庭 つ く り


人 つ く り


家 つ く り


町 つ く り


国 つ く り


チ つ く る






あらたな現実


大切なのは
説得
ではなく
納得

小さくても
確実に
着実に
淡々と
あらたな現実をつくっていくこと

やがて
確かな点が つながって
線となり
面となり

一千年後の社会を
実感を持って考えることができ そのスパンで動く人たちは
流れの詰まった大地に穿つ 空気孔

理にかなっているならば
必ずや
地中の空気は流れ出す

いのちのRi(理/利/流)を描く

 私の好きなテレビ番組にNHKの『奇跡のレッスン~世界の最強コーチと子どもたち~』があります。この11月に放送された「合唱編」には 望ましい社会のあり方と重なるような言葉がちりばめられていました。

「合唱は、もちろん みんなで歌うものですが
一人一人に責任が必要なんです。
私がこの合唱団を引っぱるリーダーなんだと
自立する気持ちを持って
全員が合唱の責任者になること。
それができたときに初めて
美しい音楽が生まれてくるのです。」

「歌い手が、人まねではなく
自分の声を奏でる技術を身につけることが大事です。
それぞれの個性を持った声が合わさったとき
素晴らしい音楽が生まれるのです。」

 更に、先日観た「アート編」のダイジェスト版では、一人一人のあり方と そんな一人一人が他の一人一人とともにある素晴らしさについての言葉に、出逢うことができました。

「大事なのは絵が上手か下手かではなく、
自分で自分の作品を観察させることです。
観察することでいろんなことが分かります。
そして新たに知ったことをつなげて
考えを広げていくのです。」


 私が観たこのアート編の副題は、「違いはみんなのために」。


「他の人のアイデアにヒントをもらい
新たなアイデアが湧いてくるのです」

自分以外の可能性が
自分の可能性を広げる

「世界中 どんな場所 どんなモノからも
新しいことを知ることができます。
アンテナを張り続ければ

広い視野を持った子どもに育つのです。」


 他人の真似ではなく そして他人を羨望したり貶めたりするのでもなく、他人や世界との関わりの中で自分の枠を広げ それぞれの表現を見つけていく子どもたちの姿が、とても印象的でした。





 そして同じくNHKの番組である ETV特集『武器ではなく命の水を~医師・中村哲とアフガニスタン~』。医師としてアフガニスタンで活動していた中村さんが 白衣を脱いで取り組んだ水路建設を追ったこの記録映像では、上記の事柄を支える 最も根本的なことが中村さんの口から語られていました。

「食糧生産が上がらないから、栄養失調になる。
それから水が汚い。
それで下痢なんかで簡単に子どもが死んでいくわけですね。
(略)
病気の予防という観点からすれば、
水路一本が医者何百人分のはたらきをするわけで、
これも医療と、命を大切にするという意味ではですね、
決して理屈ではなくて直結しているわけですね。
もちろん医療が無駄だとは決して言わないけれども、
その背景にあるものを絶たないと、決して病気は減らない。
悲劇は減らないですね。」

 中村さんたちが水路を建設した地域では かつての砂漠が緑野となり、平和な風景が広がっています。また、IS(イスラム国)が勢力を拡大している地域は 干ばつのひどい地域と重なっていると、中村さんは語ります。

「私たちの作業地で
食べ物が十分にとれて
自活できるようになったところでは、
それほど強くないんで。
 
やっぱり、
食べられない、そのために傭兵になる、
というかたちで勢力が活発になっていく、
ということは
あるんじゃないかと思います」

「これは平和運動ではない。
医療の延長なんですよ。
医療の延長ということは、
どれだけの人間が助かるかということ。
 
で、その中で、結果としてですよ、
結果として確かに我々の作業地域、
60万人前後の地域では
 “争い事が少ない”
“治安がいい”
“麻薬が少ない”
ということが言えるわけで。
これが平和へのひとつの道であるという主張は、
私、したことは少ないと思います。

ただ、戦をしている暇はないんですよ、と。
戦をするとこういう状態がますます悪くなるんですよ、と。
それにはやっぱり平和なんですよ。
それは結果として得られた平和であって、
平和を目的に我々はしてるわけではない。」



 私たちは「平和」という言葉を口にします。「平和のために」何かをしようと考え、何かをしようとします。でも、「平和」とは ある状態を表現した 一種の抽象的な言葉であり概念。その状態をもたらす原動力や出発点を示した言葉ではありません。
 「平和とは目的ではなく 結果」という中村さんの言葉が胸に響きます。

 いのちを助けること

 いのちを生かすこと

 いのちを躍動させること

 いのちの力や可能性を引き出すこと

 それが自立の基礎であり

 ひいては責任を担うものとなり

 そしてその結果として

 自分や他人の可能性や創造性を広げることとなり

 私たちが「平和」と呼ぶ状態となり

 それぞれが個性を持ってみんなが和することで

 うつくしい歌が生まれる…。

 社会づくりの出発点は いのち

 当たり前のことだけれど、私たちはつい 達成する先のことに気を取られて、出発点を忘れがちです。

 それぞれのいのちが生きる 活きる、ということが全てであって、それがもたらす状態を、人は平和と呼ぶかもしれないし 調和と呼ぶかもしれないし 安心と呼ぶかもしれないけれど、もたらされる状態の呼称よりも それをもたらす出発点のあり様の方こそが重要で、よくよく考え整えるべきものなのだと、気づかされました。

 地に足のついていない抽象概念は、大地を汚していきます。

 いのちに直結していない抽象概念は、いのちを汚していきます。

 平和のためにいのちを奪う という矛盾を、正当なことだと思い込む/思い込みたがる、思考を停止した自立していない人間を作りだしていくのです。

 思考を停止するということは、言い換えれば、いのちを停止する 生きることを止めるということ。そうなってしまえば、生きていると思っていても、実のところ 人として 生き物としては、死んでいるのでしょう。

 私が 無施肥・無農薬の自然栽培に長年興味を持ち かつ今も興味を持っているのは、土や作物の生命力を引き出そうとするそのあり方に惹かれているのだと思います。

 人間は膨大な数の微生物と共生環境をつくっているという視点から 自然栽培や天然菌による発酵食品の良さを理解することもできるけれど、そういう結果をもたらしているのは やはり「いのちを生かし活かそうとする」その出発点なのだと思います。

 最後に、再び「合唱編」からの言葉を。



「合唱とは

もっともっと美しい歌になるように

常に高みを目指して


何度も何度もトライするもの。

このトライが 私は大好きです。


できるまでトライし続ける

素晴らしい音楽への


長い道のり。」









【補記】

 「描」の字源、『字統』には “〔六書故〕に「描と摹と聲相近し。描は輕くして摹は重し」と、その筆意の異なることをいう。黄庭堅の字は筆力軽妙であるので、描字と称せられた。この字は古い字書にみえず、唐宋以後に用例のみえるものである。”と記されています。



06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

HN:
Ri-Design laboratory
性別:
非公開

TemplateDesign by KARMA7